identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、カルチャースクール、各種イベントパーティー企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2017年10月23日 [婚活]
今年のきせつの変わり方は経験したことのない目まぐるしい変わり方です。夏は長雨で例年の夏とは比べ物にならず寂しい夏でした。秋になっても夏日が有れば初冬のような寒い日もありました、またこの季節に大きな台風です。地球を取り巻く環境が激変しているのでしょう。しかし所詮人間なんてちっぽけな生き物ですからこの環境に上手く従っていくしかないのでしょう。自然の摂理、人間の運命・宿命、私には良くわかりませんが逆らってどうなるものではないのでしょう。また人との出会いも自然の摂理、人間の運命・宿命がどう絡んでいるのかは解りません。でも待っていたら人生変わりません、積極的に動くことも必要だと思います。素敵な出会いの場を提供して行きたいと考えています。テーマ・年齢・など限定して開催して行きますので、是非ホームページの開催スケジュールから日程・テーマ内容を見ていただきご参加をご検討ください。またご意見ご希望などもお寄せいただけたら幸いです。ホームページブログ写真4

2017年10月11日 [Default]
昔、会社の上司が言った一言を何故か急に思い出しました。記憶の片隅になぜ残っているのかは解りませんが急に思い出したのです。<上を見たら限がない、下を見たら後がない>当時は私も若かったので、何をバカな事を言っているんだとしか思わなかってのです。しかし人間歳を取りいくつもの年月を重ねる間には、山あり谷ありで簡単には行かないものだなと実感します。上り坂は苦しいけれど頂上目指し目標と気力が原動力となり克服して行きます。この時はやはり上を目指している高揚感が有るのでしょう、そしてもっと上へもっと上へと限がなくなる欲望に駆られるものなのでしょう。考えてみるとこの気持ちは、充実した気持ちと向上心の溢れる気力に満ちたタイミングなのでしょう。人生いろいろ下り坂や谷間に遭遇するケースも多々あります、思い悩み道に迷うケースに遭遇するのが現実なのでしょう。こんな文章書いている今が下り坂に向いていることなのかもしれません。確かに下を見て後がない状況なら前進しかありません。今日は幸いにもBMWに乗る機会があり、何か心に火が付きました。人生下手に考えるなら車で走ろうと思いました。そして幸いにもBMWに乗る機会が有ったのなら上を目指そうと、今までの腐った考えを捨てます。新たな気持ちで上を目指します。”上を見たら限がないかもしれませんが<上を向いて歩こう>”本当に難しい宿題ですが、この宿題、結果はどうあれ<上を向いて歩くこと>そしてその極みに辿り着く気力を再認識した事をBMWがチャンスをくれた気がしました。精一杯生きて今度は自分の手でBMWに乗ろうと思いました。上を向いて歩きますよ!BMW写真

PageTop