identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、カルチャースクール、各種イベントパーティー企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2018年01月31日 [趣味活]
今日で1月が終わりです。本当に時の経つのが物凄い速さで過ぎて行きます。しかしですがこの1月は自分にとっては実りある素晴らしい一ヶ月でした。ラジオも始まり経験のない未知なる世界ですが、それなりに音楽に携わり好きなことを仕事にすることの重要性を確信しました。またラジオの仕事について自分の名刺も作り直しました。やはり業務内容にラジオDJとの肩書を入れることによって、かなり人との付き合い方に余裕が出来ました。それと同時にこの1ヶ月は自分の人生の中でも不思議な位に人とのコミュニケーションが多かったことは信じられないほどにほとんど毎日でした。そしてその毎日も目まぐるしいほどに新しいことの発見や興味のあることの出会いが有ったのです。本当に今、何かの力に引っ張られていることを強く感じるのです、これこそ経験のないチャンスが今来ているのだと感じます。今度こそはこのチャンスを物にします!今までに確かにチャンスは2度ほどあったことを今は感じています、しかし当時の自分は甘えやおごりが心の中に有ったことを痛感しています。今のチャンスは前回と違い自分でストーリーを作り時間を掛けて少しずつでしたが自分で道を開きました、結果はまだ出ていませんが自分自身の心の中に何か確信めいたものを強く感じていることは確かで、これが本当に心地よくそして花が咲く予感を感じます。絶対に今度のチャンスを実らせます、そしてこれが本当に自分自身の最後のチャレンジで最後のチャンスは解っています。でもこんなチャンスが最後に持ってこれたことは本当に嬉しいです。そして一つ一つを結び付けて行けばアイデンティティの目指している人との出会いを通じてもっともっと高みの世界へ行けそうな気がします。今日もオフィスへは一人の新しい協力者との出会いもありました。電話では2/20前後に久しぶりの人との時間も作りました。そしてLINEでは明日も有能な協力者がオフィスへ来て打ち合わせのスケジュールです。今は本当に嬉しいことが進んでいることを実感しています。これからもコツコツですが前進して行く気持ちです。また明日も頑張ります!名刺1

2018年01月30日 [趣味活]
先週は低温注意報が出るほどに本当に寒さが厳しい一週間でした。私も1月よりラジオの仕事で地元の熱海に毎週帰っていますが、熱海には梅園が有り、また梅園はラジオ局の最寄り駅でもあり大変に賑わっています。ボランティア活動の方たちも大変に熱心に道案内やガイドを務めていてくれています。熱海はこの梅園の梅まつりが1月中旬から始まるので年が明けると春がやってくる感じなのです。寒さは厳しいままですが光は何か春を感じさせてくれています。やはり人が生きるにはお花の力も必要なんだなと感じますよ!生命の息吹を感じるんです!そしてこの冷たい風も春を待つにはこの北風が終わるまで待つことの重要性が人生なんでしょうね。そして昔より春を待つ気持ちがとても待ちどうしいのはどうしてなのでしょうか?一年一年の大切さや時間の大切さ、そして身の回りの全てのものに慈しみを持つ気持ちは、私がやはり歳を取ったことなのでしょうね。全てが若い時のようには行かず逆に歳を取ったからこそ気が付くこともたくさんあります。それとここ最近気が付くことがなかった小鳥のさえずりや梅の花の香や色彩などは、何か今この歳になって感じることの方がとても新鮮に素直な感性で受け止められるのです。なんでもっと早くにこのような素直な気持ちになれなかったのでしょう。そうすればまた違った結果が出ていたことなどはたくさんあると思います。でもまたこれも人生なんでしょう、後戻りや後悔などが出来ないのが人生のルールですものね。今のそしてこの現状にやっとたどり着いたことに後悔はありません!そう常に前向きな気持ちだけは忘れずに持ち続けて生きて行くことなのでしょうね。熱海梅園1

2018年01月29日 [趣味活]
今日、不思議なんですが突然にケイトブッシュの"嵐が丘"が頭の中を占領して今まで経験したことのない感覚に導かれました。それは突如"嵐が丘"の曲が頭の中で始まり、何かに導かれるかのごとくに"嵐が丘"の曲のビデオを何十回も連続して見ていました。たしかケイトブッシュは多彩な人でバレエ経験者でもあると記憶しています。あの独特の音楽とそして何故か魅了されるバレエに本当に何十回も連続して見ていたのです。そしてその何十回も連続して見ていた色々な時間の中で色々な考えが様々に繰り広げられたのです。過去の記憶や今現在の悩みやこれから先の夢や希望!そして今までに出会った人の中にこのバレエがオーバーラップして思いをはせた時間やあの時に聴いたこの曲の記憶が蘇ったりしたのです。そして今このように書いていますが、繰り返し聞いていた時間は2時間以上でした。たしかに不思議な雰囲気のある"嵐が丘"ですがこれは何かの心の中のお告げなのでしょうね!本当のことを言うと、今年年が明けてから自分でも言いようのない感覚が気持ちの中に有るのです。今、自分は確かに何かに向かっているような気がするのです。そしてそこは何処に向かってどうなるのかなどの答えに似たようなものは全くないのですが、自分が何か確信している気持ちは今までよりも上のステージで得体の解らないものですが、何かに導かれながら、そして上へ上へと向かっている気分なのです。本当に経験したことのない不思議な感情を感じるのです。自分でもわかっています、この答えは今日や明日に解決するものでないことは!ただ今日はケイトブッシュが私に何かを教え、そして考えさせて、そして思い出させたことが沢山あったことを感じたとても不思議な一日でした。今日2時間見ていたケイトブッシュの"嵐が丘"のビデオの写真を今日はUPします。でも、とても幸せを感じた素晴らしい思いでしたよ!ケイトブッシュ1

2018年01月28日 [趣味活]
1月27日放送分の"5 o'clock"の予告が今週も変更になりました。本来1曲目をピーターフランプトンのショー・ミー・ザ・ウエイを予定していましたが、なんと不思議なことにリクエストに同曲が来ましてビックリしましたが、嬉しい悲鳴で変更しました。1曲目に変更しましたニール・ヤングの孤独の旅路もどこかで掛けたいと思っていたので大好きな曲が放送できたので私としては大歓迎でした。さて今週は何か心もスッキリして意外とすんなり2曲の選曲ができました。1曲目がLED ZEPPELINのROCK AND ROLLです、もうZEPについての説明はここでは省きます、なにせJimmy Kaijiの名前の由来のJimmyはギターリストのJimmy Pajeから来たものなのです。私自身の大好きなアーティストの選曲をやっと出来ることを本当に嬉しくてたまりません。そしてもう1曲は私の青春時代の衝撃の1曲です、SEX PISTOLSのANARCHY IN THE UKです。まさしく今までの考えを覆した、そして時代を変えた1曲です。私自身も初めは抵抗が有りました、聞けば聞くほどストレートで今までとは全く違う快感を覚えたことを忘れません。本当に私の青春真っただ中の曲で私自身の生き方のスピリットなのかも知れません。音楽というものは人間の生き方を左右するようなこともあるのだと私は思います。まさしく私にとっての生き方を変えた1曲です。それから今回が意外とスンナリ決まった経緯はセピアな世代を新しいセピアな時代から比較的古いセピアな時代と広い範囲で考えて上手くバランスよくミックスしてみようと思ったらこれから先のイメージも膨らんで頭の中で、まだまだ先のイメージも膨らんできています。なんだかとても面白くなってきましたよ。レッドツェッペリン2

2018年01月26日 [趣味活]
今週1月27日(土曜日)放送のMusic Sepia 796 "5 o'clock"での選曲を未だに迷っています。リスナー様達の時代背景も加味して選曲をしたいとも思っておりますので、私なりの解釈で1曲目にピーターフランプトンのショー・ミー・ザ・ウエイを選びます(1976年)発表曲でロックンロールの乗りを教えてもらった曲です。また曲の始まり方として当時画期的だ合ったトークボックスを使い、昨夜は友人が来ていてこの話になり当時は真似して感電死事故が多かったんだよねとの話にもなりました。そして2曲目が今、大変に迷っています。今回は世代間を大きくとって1983年発表曲のティアーズフォーフィアーズのペイル・シェルターを選ぼうとしています。本当に1980年代からは音質音響的にかなり飛躍していて今の現在でも匹敵するほどの音質と作品に対する品質は相当のものであると思う曲です。また、時代的には日本はバブル景気で世界的にも好景気の時代でした、一昔、ふた昔前の洋楽とは雰囲気的にもかなり変わってきていた時代と思います。私より年上の諸先輩方にも是非受け入れられるとうれしい曲なのですが、それにしてもこの様に何を聞いてもらおうか等と考えるのも大変に楽しい作業です。それだけ洋楽とは尽きることのない感性の世界でこれに悩んでいる今の自分が幸せであることを実感します。そしてこの環境に少しずつ浸り始めてからは、自分の感性も徐々に研ぎ澄まされてきた感が有ります、やはり人間は活気あるそして才能のある人達からいろいろな力を貰うのだなとも改めて思いました。もしかしたら、また当日に変更になってしまうかもしれませんが、今の心境でこの2曲を選んでおきます。ピーターフランプトン1

2018年01月25日 [趣味活]
先日の月曜日の大雪の日に健康診断でレントゲン撮影を行い、前日から食事や水分の制限もあり、また、仕事で不規則な働き方をし
たのかは解りませんが、ひどい寒気と鼻水とくしゃみでダウンしました、またそのあとの異常低温で尚更寒気がひどくなり、寝込みはしませんが、ここ数日間は地獄のような日々の連続でした。また大雪の月曜日も健康診断だけでなく郵便局や銀行、CDショップ等で外に出たり入ったりをしているうちに体調がおかしくなったのでしょう。なので今週はMusic Sepia 796の自分のコーナー"5 o'clock"の選曲の準備も出来ず、それと明日はFM熱海湯河原ラジオ局の新年会もあり、何とかせねばならない一日です。はたまた他にも今週は忙しい週でした。本当に新年年が明けてとても良いことだと心の中では喜んでいます。そして今日は友人がお見舞いに訪れてくれて高い風邪薬も持ってきてくれました。彼とは昔の私、営業マンの彼、顧客と言う関係ですがお互い洋楽が大好きで、今日もいろいろアドバイスもしてもらいました。彼とは馬が合う関係でお互いの損得勘定のない付き合いだから良いのでしょうね。また、彼は今後のアイデンティティの活動に必要不可欠な才能の持主であり、これから彼との付き合いが長くなり、また渇力をもたらしてくれるはずです。なにより彼は面白いのです、お陰で今までの体調の悪さも今、ブログを書こうと思えるくらい回復してきています。これがその人の持っているパワーなんでしょうね。本当に体調も良く感じてきました。感謝、感謝でございます!そしてこれからは彼のアイデアもHPの中に取り組んでゆくので、婚活、趣味活、合コン、アニメ、コスプレその他、彼語学も優秀なので今後の語学スクール(ポルトガル語、韓国語、その他)堪能ですので英会話スクールのみならず、各方面の語学カルチャースクールの開設も可能になりそうです。何となく、周りに色々な才能の持主達が集まってきた気がします。本当にこれからがとても楽しみになってきました。今日は遅い雪景色ですが都電荒川ラインの雪景色で珍しいと思います。1月22日大塚駅雪景色1

2018年01月22日 [趣味活]
先日の1/20放送分のMusic Sepia 796"5 o'clock"に於いて先週のHP上では1曲目にオリビア・ニュートン・ジョンのジョリーンと2曲目にフリートウットマックのドリームスの選曲をHPにUPしていましたが、当日の朝、あまりに天気が良く近くの海によってスマホでFULLボリュームで何曲か聞いてからスタジオに入ったところ、気分が高揚してROCKのビートの効いたナンバーに変更してしまいました。曲目はブロンディのコール・ミーに変えました。シンプルなビートでなによりも19歳の頃に聴いた曲です。いまだに新鮮で興奮してしまいます。私はアホなんでしょうね!今日はこれから今週の1/27放送分の2曲をリストアップしようと思います。しかし洋楽の選曲をしているとやはり体質が洋楽の体質に変わってしまうもので、またやはり最近は便利でPCで歌詞の和訳やアーティストの情報も苦労なく収集できるものです、昔なら辞書片手に意味の通じない変な和訳で途中で嫌になってしまったものです。またリスナー様の意向も踏まえてオールディズでも新旧を交えて選曲した方が良いのでしょうね。まあ、今日は何曲か聞いてからリストUPして2曲の選曲を選びたいと思っています。でも今までの人生で机に座ってこんなに仕事をにしたことないですよ、もともと営業マンでしたので表を回ってなんぼの世界でした。これも自分の集大成の一つなのかも知れません。あと1つ宿題が有ったので探していたのですがどうしても見つかりません、”エリックカルメン&ディーンピッチフォードのオールモストパラダイス”です。明日も探してみますがもしダメでしたら"エリックカルメンのAll By Myself"で勘弁お願いしようかと考えています。ですがこんなことしている今も結構面白いです。ブロンディ1

2018年01月18日 [趣味活]
今日は埼玉県の鳩ケ谷に用事が有り、どの様なルートで行こうか考えていたところ意外と面白いルートを思いつきました。これはグーグルマップなどでも教えてくれないルートをひらめいたのです。アイデンティティの拠点の大塚駅から駒込駅まで天気も良くその上暖かい陽気なので徒歩で約25分ぐらいなのですかね歩きました。駒込駅に行けば東京メトロの南北線か直通乗り継ぎの埼玉高速鉄道の鳩ケ谷駅に乗り換えなしで行けるのですがグーグルマップでは紹介しないルートなのです。また駒込駅に行きたかった目的がもう一つ有ったのです。以前から一度行きたかった六義園が有るからです。六義園の注釈を見てみると『六義園は五代将軍の徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主の柳沢吉保が築園した和歌を基調とする<回遊式築山泉水>の大名庭園』とのことだそうです。入口まで行きましたが用事も時間がかかる案件だったので今日は入り口までにして後日にゆっくりと散策しようと思います。ただし大塚駅からそれ程遠くないところです、巣鴨のとげぬき地蔵だけでなく周辺には結構面白い史跡名所があちこちに有ります。結構年配の方が喜びそうな場所ですので、このへんも老若男女のアイデンティティの趣味活としてのイベントも企画出来るのではないでしょうか。それと今日はまだ暖かいので六義園の偵察を兼ねて徒歩で散歩がてらにやってきましたが、寒さがまだまだこれからが本番ですので暖かくなってくる春ごろにでも企画をしようと思います。今年は年が明けたと同時に何か昨年の停滞していた雰囲気から脱出したような気がするほどに、慌ただしい日々きが続いています。何か良い予感がします、そして早く春が来ることも楽しみにしています。六義園1

2018年01月18日 [趣味活]
昨夜に続き今週のMusic sepia 796 "5 o'clock"の2曲目の選曲に入ります、Fleetwood MacのDREAMSで行こうと思います。昨夜も言ったように今週は私が影響を受けた(憧れた)女性アーティスト)を選曲します。このフリートウッド・マックも1967年デビューですのでキャリアは50年以上ですがメンバーの脱退や交代はたまたメンバー内のごたごたや愛情の縺れ等いろいろあったバンドです。そして2016年ごろにもライブ活動をしていますので現役のバンドです。このドリームスの楽曲は1977年発表の"噂"に収録されている楽曲です、このころのバンドメンバーはかなり入れ替わりがあったこともあり当初のようなブルース的な要素よりもソフトロック的な要素に変貌していてまたアメリカに拠点が移っていて"ドリームス"によって大きな成功を収めています。まあこんな成功の話よりなんと言っても、おそらく私だけではないと思いますがスティービィー・ニックスの独特の哀愁あるボーカルに魅了されたのです、また容姿も完璧なる美形では無いのですが小悪魔的に魅了される独特な雰囲気がたまらなかったのです。やはり個性というものはカリスマに変貌するものなんだなとつくずく思い知らされました。こんなバンドをアイデンティティでも抱えてみたいものですね!人を魅了することの出来る人間とはやはりどこかが違うのでしょうか。ですがこの選曲中もいろいろ魅力的な女性ボーカルで良い曲が沢山再発見してきました、やはり洋楽はワールドマーケットだけあって凄いです。そして今ラジオの仕事で洋楽を再勉強してくるとやっぱり一番面白い仕事です。今私は自分でこのアイデンティティも運営しているのでこの面白さを趣味活や合コンはたまた婚活などにも応用していこうとも思っています。まあ、とにかく今日もスティービィー・ニックスの写真UPします。今日はこれを見てセピアな夢を見たいと思います。フリートウットマック2

2018年01月16日 [趣味活]
今週のMusic sepia 796 "5 o'clock"に使用する2曲を現在選曲中です。先週のこのコーナーではRockに目覚めた憧れの2人デビッドボウイとスティングのPOLICEをフューチャーしました、またデビッドボウイについては2年前の今頃に亡くなりどうしても曲をかけたいアーティストでした。しかしながらこの曲が最早オールディーズに入ってしまうとは、時の流れとは怖い物だなと思います。そして時間があるうちに余裕をもって今週の選曲をしようと思いストーリーや題材を考えています、この"5 o'clock"のコーナーも少しでも特色のあるそして興味を持ってもらえるようなコーナーにしたいなと思いながらアイデアを絞っています。先週は男性のRockに興味をもたらしてくれた2人を選曲したので今週は女性で憧れた人をフューチャーしようと思いました。こうなれば簡単な作業です、私たちの世代でしたら邦楽はアイドルが出始めたころで山口百恵などでしたが、私正直なところ全く邦楽に興味がなく中学生の頃の同級生達との話もあまり音楽の話は合わずチグハグな状況だったことを覚えています。それはそうですよね、その頃の私の憧れの一人はオリビア・ニュートン・ジョンでした。私の感覚がやはりおかしかったのでしょうか、中学生ながら”なんて綺麗な人なんだろう”と美しさに惹かれました。しかしながら今でも美しさの基準は洋楽のアーティストに惹かれています。オリビア・ニュートン・ジョンは本当に隙がなく気品も兼ね備えていたレディでした、どことなくダイアナ妃と被るような雰囲気が有ります。またかなりのハイトーンも魅力的でした。まずは1曲の選曲アーティストはオリビア・ニュートン・ジョンにします、曲名はオリビア・ニュートン・ジョンにしては代表曲ではない”ジョリーン”でいきます。私自身のちょっとした思いれのある曲を選曲します。もう1曲は明日またブログにUPします。オリビア・ニュートン・ジョンの若き日の写真をUPして今日は良い夢を見ようと思います。オリビア・ニュートン・ジョン2

PageTop