identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、カルチャースクール、各種イベントパーティー企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2018年01月02日 [趣味活]
年が明けて1月2日のお正月真っただ中の今日デビッドボウイのアルバムを沢山聴こうと思っていました。そんな折、突如スマホが鳴り、”今日暇か?”の友人の声”暇ならアイデンティティのホール貸して”の内容で、嫌とは言えず宴会の場所と化してしまいました。ま、それはそれで私も少々アルコールも入ってもう出来上がってきたところで私の本性が露になり無性にデビッドボウイを聴かずにいれなくなったのです。幸いにもアイデンティティは夜中でも結構な音量を出しても苦情の起きないところなので、かなりの音量で本当に久しぶりにデビッドボウイのネヴァー・レット・ミー・ダウンを聞きました。私も80年代のレェツダンスの頃のデビッドボウイにかなり抵抗感が有ったのであまり聴かないアルバムだったのです。そしてなぜ、今日デビッドボウイをこんなにも聴きたかったのかは2年前の1月10日にこの世を去り私にしてはショックな一日でした。また1月10日は最後のアルバムのブラックスターの出た日でした。ましてデビッドボウイの病状などは全く知らずの事だったのでショックは相当のものでしてた。そんなデビッドボウイのネヴァー・レット・ミー・ダウンを本当に何年振りかで聴きました。当時はやはり世の中に受け入れられないファンが多く不評を極めたアルバムだったのです。でも何故か今日はそのデビッドボウイのネヴァー・レット・ミー・ダウンをチョイスして改めて聞き直しました。当時は抵抗感を感じ拒絶感を覚えたアルバムも、今デビッドボウイのいないこの時代に聴くと何か違う感情が湧きこのデビッドボウイのネヴァー・レット・ミー・ダウン全曲を聞きました、アルコールも入っていますし友人達も帰りました、なんだかこのネバァー・レット・ミー・ダウンがすんなりと心の中に入り込んでくるのです、何か涙も出るのです、やっぱりデビッドボウイが居ないのは淋しいです!そしてこのアルバム”ネバァー・レット・ミー・ダウン”当時の私はデビッドボウイの崇高の領域ではなかったと思います、これはこれでデビッドボウイの音楽サウンドなんだと私は思います!他のファンの方たちは解りませんが私の正直な感想です。⁂ブラックスターも亡くなった後に聴くことになったアルバムですが凄かったな、壮絶でした!デビッドボウイ1

PageTop