identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、カルチャースクール、各種イベントパーティー企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2018年01月16日 [趣味活]
今週のMusic sepia 796 "5 o'clock"に使用する2曲を現在選曲中です。先週のこのコーナーではRockに目覚めた憧れの2人デビッドボウイとスティングのPOLICEをフューチャーしました、またデビッドボウイについては2年前の今頃に亡くなりどうしても曲をかけたいアーティストでした。しかしながらこの曲が最早オールディーズに入ってしまうとは、時の流れとは怖い物だなと思います。そして時間があるうちに余裕をもって今週の選曲をしようと思いストーリーや題材を考えています、この"5 o'clock"のコーナーも少しでも特色のあるそして興味を持ってもらえるようなコーナーにしたいなと思いながらアイデアを絞っています。先週は男性のRockに興味をもたらしてくれた2人を選曲したので今週は女性で憧れた人をフューチャーしようと思いました。こうなれば簡単な作業です、私たちの世代でしたら邦楽はアイドルが出始めたころで山口百恵などでしたが、私正直なところ全く邦楽に興味がなく中学生の頃の同級生達との話もあまり音楽の話は合わずチグハグな状況だったことを覚えています。それはそうですよね、その頃の私の憧れの一人はオリビア・ニュートン・ジョンでした。私の感覚がやはりおかしかったのでしょうか、中学生ながら”なんて綺麗な人なんだろう”と美しさに惹かれました。しかしながら今でも美しさの基準は洋楽のアーティストに惹かれています。オリビア・ニュートン・ジョンは本当に隙がなく気品も兼ね備えていたレディでした、どことなくダイアナ妃と被るような雰囲気が有ります。またかなりのハイトーンも魅力的でした。まずは1曲の選曲アーティストはオリビア・ニュートン・ジョンにします、曲名はオリビア・ニュートン・ジョンにしては代表曲ではない”ジョリーン”でいきます。私自身のちょっとした思いれのある曲を選曲します。もう1曲は明日またブログにUPします。オリビア・ニュートン・ジョンの若き日の写真をUPして今日は良い夢を見ようと思います。オリビア・ニュートン・ジョン2

PageTop