identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、各種イベント企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2018年02月09日 [趣味活]

才能ある者は外見にもセンスが溢れるものです。

ここ最近何かと調べものと新しい音源の探し物に翻弄している時間がやたらと多くなり、しかしこれが全く嫌にならないのは人間が感情的動物だからなんでしょう。嫌な物には拒絶反応が起き時間も全く進まず空気が重たくなります。しかしこれが逆転すると時間がどんどんと進んで行き気持ちが軽く幸せな気持ちになるのです。そんな生き方を才能ある人間たちは昔から気が付き優れた環境を追い求めて自分たちの人生を生きていたのでしょう。そこからやはり傑作や優れた芸術が出てくるのは当然だと思います。上を目指す人間にはその上を行く人たちとの出会いもあるのでしょう。それとそれなりの覚悟をもって行動を起こし挑戦の日々なのでしょう。凡人の私には計り知れないハイステージが才能ある人たちは見ているのでしょうね。そしてその様な人達は決まって外見的にの凡人とは違うハイセンスなルックスを持ち合わせています。人間皆平等と言うけれど決して平等とは思えない点も多々有ります。ROCKなどにたとえれば若き才能のミュージシャン達は例えようのないカリスマ性を持ち他の若者達を引き付ける途轍もない魅力を発揮します、一音一音にパワーと才能を感じる瞬間は生きることの魅力を教えてくれます。アーティストに憧れた人生でも才能の壁という現実的な問題での挫折!しかし生きて行くなら気持ちだけは一流アーティスト達と同じ精神世界で生きようと思います。形は違えど生きることにパワーを持ち他人を魅了できるぐらいの生き方が本当の実力というのでしょう。私は気持ちだけでも一流どころのアーティスト達と同じ生き方をしようと思います。女性アーティスト1
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop