identityのブログ | 低価格の趣味活、婚活、合コン、カルチャースクール、各種イベントパーティー企画開催

identity
”歩みいるものに安らぎを、去り行く人には幸せを”
ブログ
2018年03月11日 [趣味活]

3.11で思うこと!私は人生を急ごうと思う。

<本日3.11>7年前の今頃は東日本大震災の経験したことのない悪夢のような1日でした。この7年前は大震災も含めて私自身も人生の試練を授かった年でした。この試練は自身の胸の内にしまい込みますがこれを境に考え方もその時の仕事の状況や私生活など全てにおいて一変したのは事実です。やはり人生”一寸先は闇”と言う格言は本当で何が有るのかは判らないのが人生だと感じました。人にやさしく人の為に尽くしても自然の力には敵わないですし、叩きのめされれば自分が弱者に落とし込められます。本当に微妙なものです。ですがここで叩きのめされ終わりにすれば底なし沼にはまり込みます、自分の人生何とか生き伸びるにはここで考えを変えなければ生きて行けないのだなと痛感しました。まだまだ底なし沼から抜け出てはいませんが、気持ちの部分は”何とかしよう”と変わっています、今はきれいごとを並べられる状況ではないと自覚しています、戦後の焼け野原からたくましく生き延びた人達と同じ気持ちでいかないと、自分がやられますしかし、自分の悪いところなのか他人を蹴落として自分だけ這い上がろうと言う事が性分に合わないのです、こんなことを言う様な場合ではないのですが、どうしてもできないのです、それによってあの日以来信用できる人間と信用してくれる人間との絆は強くなりました、が、しかし本来私自身は総合的営業職として生きて来た人間でコミュニケーションを重視してある程度の人間の許容範囲以内で調整を図り対人関係を重視していたのですが、今その部分の調整機能がうまく働かず信用してくれない人間や信用できない人間を排除する考えの動きに出ています、<3.11>は色々なことを教えてくれます、あの日以来人生の時間の逆算も始まったのです、残された時間に気が付いたのです、これにより<私は人生を急ごうと思ったのです>急ぐには信用してくれる人間と協力してくれる人間と人生の再構築を最優先にしなければ泥沼からの脱出で0地点の戻る事からプラス地点を目指す地点までは自分の人格を変えないとダメなんだと思ったのです。あれから7年が経ち自ずとまた自分のお人好しが出始めてしまっていることに気が付きました。今一度気を引き締め有る部分は心を鬼にして取捨択一を求めることは必要であることを肝に銘じようと改めました。このアイデンティティは人との出会いイコール協力者を求めていることもあります、一人の力より複数人の力は強力です、しかし信用はいつもついて回ります、本当に素晴らしい人達と心底出会いたいと思っています。またそこには事業体としても成り立たなければ意味が有りませんので、なんとか費用経費が動くシステムの構築を急ぎます。人生なんとか0地点再到達を越してプラス地点からお役に立てる人間になることも急務と考えてます。ラブ2
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop